男性から見た韓国ドラマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンドル

アンニョンハセヨ


この10月より部署が異動になり、忙しい毎日を送っています。
円高の影響で輸出産業の大打撃・・・
逆に輸入関連は大幅業績アップ・・・と、なればいいけど
どうも景況感も思わしくなく、個人消費が落ち込み気味

海外旅行を楽しむにはイイ時期ですけどね

ブルパパは ハウスメーカーに勤務しています。
いわゆる内需関連です。

お家を建てるってことは、様々な業種が仕事にありつけるってコト。
職人さんはもちろんのコト、家電も売れるし、家具も売れる。
今なら国の優遇措置もあるしね

金利も安いし、今がお家の建てどきだと個人的に思います


ブルパパが建築関係ということで、
今回は珍しく、 韓国様式の住宅関連について記事をアップします。

韓国ドラマを見ていると、よく온돌(オンドル)が出てきますね
イ・ジュンギハン・ヒョジュ主演の『一枝梅(イルジメ)』で
ヒョジュ演じるウンチェが旅館を建築した時に、
全部屋にオンドルを設置してましたよね
韓国の冬は、ブルパパから見たら異常な寒さです。

オンドルとは、要は床暖房のようなものですね
オンドルを調べると以下のようになります。(wikiより)

【伝統的なオンドル】
本来の形式は台所の竈で煮炊きしたときに発生する煙を居住空間の床下に通し、
床を暖めることによって部屋全体をも暖める設備。
火災の危険を避けるためオンドルを備えた家の土台はすべて
クドゥルジャン(구들장)という板石を用いて築き、
部屋の床は石板の上を漆喰で塗り固め、その上に油をしみこませた厚紙を張る。
朝鮮半島においてはすでに三国時代から仕様の痕跡が見られ、
飛鳥時代の日本に渡来した高句麗や百済出身者も
オンドルを備えた家に住んでいたらしい。
しかしこの暖房方法は、日本には受け入れられなかった。

台所で調理する際の排気を利用した暖房システムだが、
炊事を行わない時も暖房用として竈に火を常時入れておく。
台所が無い別棟には、暖房目的での焚口を作る。
また、暖房の必要が無い夏季はオンドルに繋がらない夏専用の竈を炊事に使用する。
しかし床下の殺菌、殺虫目的で半月に一度ほどオンドルに火を入れることもあった。

かつては薪、わらなどを燃料としたが韓国においては1960年代から80年代にかけ
練炭を燃料としたオンドルが主流となった。
しかし床にできたひび割れから一酸化炭素が流入し、
就寝中の家族が中毒死する事故が頻発した。

【現代のオンドル】
現在、特に韓国では中高層アパートの普及に伴い旧来の方式でのオンドル暖房が
構造的に不可能になったため温水床暖房が一般的に使用されており、
「オンドル」といえば温水床暖房の事を指すことが多い。
古くからある建物では温水床暖房ではない本来の形のオンドルが残っているが
その燃料は灯油が主流になっており、
ガスオンドルや電気オンドルを使用している家庭もある。

【オンドルと住宅構造】
冷涼乾燥気候の朝鮮半島では住宅へのオンドル設置は常識であった。
同時にオンドル使用により生活様式はさまざまな影響を受け、変革していった。
床下に煙が流れ込みやすいように竈がある釜屋(プオク・台所)は半地下式に作られ、
台所の天井裏には「タラク」という納戸が設けられた。
若い嫁が一人で泣けるのは、このタラクの中だけだったという。
部屋の中で焚口=台所に近い場所ほど暖かいため、台所に近い場所が上座とされた。
熱く乾燥した床に接して木材が狂わないよう、家具は「足つき」のものが主流となった。
また、床のぬくもりが人体に伝わりやすいように蒲団や座布団は薄く作られた。
竈の火で床下を暖めるという構造上、2階以上の床下を暖めることはできない。
したがって、朝鮮半島では平屋の建築が主流となった。

日本・朝鮮半島の民家は一見すると似ているようだが
日本の民家が畳や縁側、襖など蒸し暑い夏の気候に対応した開放的な造りなのに対し
朝鮮半島の民家、特に北部地域はオンドルを用い窓や出入口を極力小さくするなど
寒冷な冬の気候に対する閉鎖的な造りになっている。
一方、ある程度温暖な朝鮮半島中南部の民家には縁側(툇마루・テッマル)や
大庁(대청・デーチョン)という板張りの空間があり
夏の気候に対する開放的な造りになっている。


大昔のオンドルの燃料は、落ち葉だったらしいです。
乾燥した冬に、山火事などの発生原因にもなりかねない落ち葉ですが
山の掃除も出来、山火事も減り、そして冬暖かい・・・
最初に考えついた人はスゴイ!!
きっと天才ですね

今の日本の住宅では、温水式または電気式が主流です。
日本の場合は、あくまでも2次暖房。
メインの暖房にはなりませんが、あれば優しい暖かさが身体を包んでくれます
ちなみにブルパパの家には、床暖房は・・・ ありません
まぁ予算の都合でケチってしまいました。
今は愛息犬ブルックリンがいるので、入れておけば良かったと少し後悔しています。

ブルパパはオンドル部屋に宿泊したコトは無いのですが、
友人でオンドルに泊まったコトがある人から聞いた話ですが、
出るらしいです・・・
何がって?
それは・・・
ゴキブリ・・・

ブルパパは虫が苦手で・・・
その最たるものがゴキブリです
冬でも暖かいから、出るらしいですよ

その話を聞いてから、
ホントは泊まりたいんだけど、怖くて敬遠しちゃうようになりますね
年末に韓国に行きますが、
私の名前はキムサムスン』でヘンリー(ダニエルヘニー)が泊まっていた
ユースホステルの様なところも、実際に泊まるコトが出来るそうなんですが
すんごく泊まりたいけど、やっぱ怖くて泊まれない・・・

きっと暖かいんだろうなぁ 
泊まったコトある人は、感想をお聞かせ下さい!!

今では上記にも書いていますが、温水式が主流のようです。
タイマーや温度センサー等もついているようです。
一度位体験しなくちゃね


Blogランキングに参加しています。楽しんで頂けたら
  クリック願います




韓国の魅力は無限大∞  韓国好きの方は是非!!
  クリックジュセヨ
スポンサーサイト
プロフィール

ブルパパ

Author:ブルパパ
ようこそ 
管理人のブルパパです。
男の視点で感じたことを好き勝手に書かせて頂いています。

PS:拍手・コメが励みです!!…が、
誹謗・中傷またはそぐわない等のコメは削除させていただきます。あしからず

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
Translation(自動翻訳)
最新コメント
お気に入り♪ リンク
☆ブルパパ経営のお店☆

たぶん業界最安値♪
ブルパパの人気記事
韓国語翻訳
気付けば…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。